看護師の転職成功術

看護師として働く職場を変える転職をするのではなくて、看護師資格でできる職業に就くことができます。例えば大学の看護学科の先生になることです。 助手として働き始めるのなら、看護師としての経験が3年以上ぐらいでなれる所がほとんどです。あとは看護学の学士を持っているか、取得中で、例えば通信制の大学に仕事をしながら在学している人なら契約の継続年数が長くなります。この経験年数と学士の事で不採用になる方がいると思います。 大学の先生ですので、手続きが複雑で、書類が結構必要になります。あと、保険証も新しいものをもらうのが、時間がかかります。 大切なお給料のことですが、デスクワーク(パソコン業務含む)+学内実習&臨床実習の臨床講師も仕事に含まれていますが、日勤だけの仕事よりは基本給がいいです。でも、デスクワークは細部まできちんとできないと授業や実習に不都合なことが起こりますので、神経がすり減る思いをするかもしれません。また、臨床実習は学外ですので、当然知らない人ばかりでストレスはかかります。 一番の魅力は、学生たちに慕われることです。つらいことが沢山ありますが、学生から感謝の言葉や、尊敬した態度で接してもらうと、疲れが吹き飛び、明日も頑張ろうという気持ちになります。

便利なサイト案内

インデックス